エムセラウェブサイト

歯科技工所 Mセラミック工房 エムセラウェブサイト

クリスタルアイ

crystal_main

シェードテイクの目的とは患者の口腔内の状態を、誰が見ても統一された情報として記録することです。
一般に歯科でシェードテイクといえば色の情報を記録する行為をさしますが、本来の目的を達成するにはカメラ撮影によって忠実な色再現を行わなければなりません。
歯科技工士が写真を参考にして作業できるレベルの『忠実な色再現』を行うには、深い撮影知識と技術、大きな予算が必要になり、プロの写真家でさえ非常に難しい写真分野です。

実物と全く同じ色味で写真を撮り、その色を参考にしながら全く同じ色味を再現するという一連のながれは歯科独特のもので、その作業は困難を極めます。
その忠実な色再現の大きな助けになるのが歯冠測色器クリスタルアイです。

忠実な色再現の壁

なぜ忠実な色再現を達成するのは困難なのでしょうか。
最も重要なカギはその場の『環境光』です。

例えば自然光で統一を計ろうと思えば、ホワイトキューブの空間で、周りに色の着いたものは何も置かず、北側に採光窓を取り付けることが必要です。
それと同じ条件の部屋が歯科技工所にも必要になり、測色時と同じ天候で同じ時間帯に作業しなければなりません。
こういったことはまず不可能でしょう。

もっとアバウトに考えるとして、人工的な光源ではどうでしょうか。
残念ながらこの場合も多くの壁が存在します。
歯科医院と同じライトを、同じ位置、同じ距離で歯科技工作業時に再現しなければなりません。
仮に環境光の条件をクリアし、プロの写真家以上に正確なカメラのカスタマイズができたとします。
しかし今度は出力の問題が出てきます。
パソコンのモニターで正しい色を出すには、専用の非常に高価なモニターが必要になり、カメラで撮影されたデータとキャリブレーションしなければなりません。
さらにプリント出力しようものなら、ICCを利用したプリンターのキャリブレーションと、忠実に色を出す写真用紙を探す必要があります。
いずれの方法も理想と現実がかけ離れており不可能な条件ばかりで、忠実な色再現を目的とする以上、その落とし所すら見つかりにくいものです。
そこで『クリスタルアイ』の登場となります。

クリスタルアイの特徴

ここまで述べてきたように、環境光の統一は困難を極めます。
ですが環境光を統一するために、ひとつだけ簡単な方法があります。
それは光を消すことです。
闇であれば簡単に統一できます。
そのうえで必要な光のみを、統一された量と距離で与えます。
それを可能にするのが『クリスタルアイ』という歯冠測色器なのです。

歯に直接触れるコンタクトキャップという部分で、周りの環境光を完全にカットします。

crystal_01

コンタクトキャップ先端にはバイト部が設けられており、この位置でなければピントを合わせることができません。
患者の口腔内を撮影した後、歯科技工所で製作中の補綴物を同じ遮光条件下で撮影しながら個性豊かな色調を再現していきます。

crystal_02

つまり被写体(歯、補綴物)とカメラレンズ、LED光源が常に同じ位置に保たれ、コンタクトキャップ内部の環境光は統一され続けます。

クリスタルアイで撮影されたデータは、同じ条件のまま同一画面のPCモニター内で表示されます。

crystal_03

モニターと技工物を交互に確認しながら色を出すだけではなく、統一された環境で撮影された補綴物をモニターに取り込み、シェードテイク時の画像と並べ『色差』『明度』『色相』『彩度』などを検証しながら技工物の色を調整することができます。
そのためモニターのキャリブレーションやプリンターのキャリブレーションなどが不要になり、出力環境の統一も一気に解決します。

クリスタルアイの品質証明

クリスタルアイで製作された補綴物の色差情報を品質証明レポートとしてプリントアウトすることも可能です(オプション)。

crystal_report

審美的な要求の高い患者に対しても製作後にレポートをお渡しすることで満足度を高めることができます。

URL
TBURL
Return Top